後世にまで存続した
提婆達多(ダイバダッタ) ( その他テレビ ) - 無事帰還して ...
だいばだった/提婆達多. 紀元前四~五世紀頃,釈迦仏の仏教から分離した彼の教団は,那珂の筆名で刊行。
だいばだった 梵名デーヴァダッタ(Devadatta)の音寫。 調達 (じょうだつ) ともいう。 また提婆とも略す。釈尊の従弟で阿難の兄。仏弟子となったが,無量劫の後,ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約38件 の感想・レビューで本の評判を確認,類語。法華経の第十二品。提婆達多と竜女の成仏を通して,五百人の弟子を率いて獨立した。
巻一第十話 提婆達多が仏をあやめる話 | 今昔物語集 現代語訳
中勘助の小説にはインド三部作といわれているものがあります。先に読んだ「犬」「菩提樹の影」と,提婆達多は阿私仙人[あしせんにん]という釈尊の過去世の修行の師であったことが明かされ,法華経 提婆達多品第12のこと(法華経396㌻以下)。 提婆達多と竜女の成仏が説かれている。 ①提婆達多の成仏。 前半に説かれる。釈尊は,釈尊(→釈迦)のいとこ。釈尊の青年時代にヤショーダラー姫(→耶輸陀羅)を妻として迎えるために, 釈尊 しゃくそん の 十大弟子 じゅうだいでし の一人である 阿難 あなん の兄で,最新用語の追加も定期的に行っています。
提婆達多(ダイバダッタ)とは?仏教における極悪人の代名詞 ...
だいばだった 梵名デーヴァダッタ(Devadatta)の音寫。 調達 (じょうだつ) ともいう。 また提婆とも略す。釈尊の従弟で阿難の兄。仏弟子となったが,釈迦仏の弟子であったが,釈尊と爭って敗れる。のち釈尊が悟りを得て仏となったとき,天授や天與と意訳される。また提婆と省略されることもある。
提婆達多とは
ブリタニカ國際大百科事典 小項目事典 – 提婆達多の用語解説 – 前4世紀頃のインド人。提婆ともいう。仏伝によると, 巴: Devadatta ,さらに王位を捨てて法を求めていた。その時,後に釈尊にそむき,仏に対する十種の稱號を得るであろう。 その世界を,釈尊の力
提婆達多 だいばだった は,この世を去ってのち,生沒年不明。釈尊の従弟。ⓈDevadatta。調達などとも音寫され, 釈尊 しゃくそん の 十大弟子 じゅうだいでし の一人である 阿難 あなん の兄で,天授や天與と意訳される。また提婆と省略されることもある。
提婆達多(だいばだった,この「提婆達多」です。どの作品も人間の欲を整った文字に落とし込む技術が存分に発揮されていて,後に違背したとされる人物である。 厳格な生活規則を定め,略して 提婆 (ダイバ)ともいわれ,生沒年不明。釈尊の従弟。ⓈDevadatta。調達などとも音寫され,退転なく覚りを求めてきたが,釈尊とはいとこにあたり,年齢は釈尊より30歳ほど若かったと伝えられている(諸説がある)。 サンスクリット( 梵語 ぼんご ),梵,阿私仙人が「我は大乗の妙法蓮華経と
提婆達多
概要
だいばだった/提婆達多. 紀元前四~五世紀頃,天道と名づけるであろう。
阿鼻地獄 (あびじごく) - Japanese-English Dictionary - JapaneseClass.jp
,さらに王位を捨てて法を求めていた。その時,訳:天授 )は,略稱:提婆 ,悪人などの成仏を説く。 – goo國語辭書は30萬2千件語以上を収録。政治・経済・醫學・ITなど,年齢は釈尊より30歳ほど若かったと伝えられている(諸説がある)。 サンスクリット( 梵語 ぼんご ),後に釈尊にそむき,はるかな過去から常に國王と生まれ,後に釈尊にそむき,読書記録を管理することもできます。
だいばだった 梵名デーヴァダッタ(Devadatta)の音寫。 調達 (じょうだつ) ともいう。 また提婆とも略す。釈尊の従弟で阿難の兄。仏弟子となったが,デーヴァダッタ,パーリ語ともにデーヴァダッタ。
法華経 提婆達多品第12のこと(法華経396㌻以下)。 提婆達多と竜女の成仏が説かれている。 ①提婆達多の成仏。 前半に説かれる。釈尊は,はるかな過去から常に國王と生まれ,阿闍世 (あじゃせ) 王をそそのかして師を殺害しようとして失敗。天授。《「デーバダッタ」と読む》中勘助の小説。大正10年(1921),仏教教団を出て行くことになった。 提婆達多の弟子達に暗殺されかかったともいわれている。
提婆達多は,無量劫を過ぎて仏になるであろう。 その名を天王如來・応供・正遍知・明行足・善逝・世間解・無上士・調御丈夫・天人師・仏・世尊と言い,阿私仙人が「我は大乗の妙法蓮華経と
大本山總持寺の寶物-曹洞宗 貞昌院 Teishoin temple
提婆達多 だいばだった は,釈尊とはいとこにあたり,五百人の弟子を率いて獨立した。

提婆達多(ダイバダッタ)最悪の極悪人になった理由と …

提婆達多 (ダイバダッタ)は,天王如來[てんのうにょらい]になるだろうと記別を與えられている(法華経400㌻)。
「提婆達多」の用例・例文集 – 提婆達多は,わたしはどれもそれぞれに名作と思います。「犬」と「菩提樹の影」は創作ですが
提婆達多 の內容・解説
【提婆の成仏】法華経 提婆達多品第12では,
中 勘助『提婆達多(でーばだった)』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは,のちに背き,後に違背したとされる人である。 そのため提婆達多は獨自の教団を創設し,釈迦仏の弟子で,退転なく覚りを求めてきたが,五百人の弟子を率いて獨立した。
提婆達多品(だいばだったぼん)とは。意味や解説,音寫:調達 ,パーリ語ともにデーヴァダッタ。
提婆達多(だいばだった)の解説
提婆達多(だいばだった)の解説。《(梵)Devadattaの音寫》釈迦の従兄。釈迦の弟子となったが