明代初期の怪奇小説集『剪燈新話(せんとうしんわ)』(瞿佑(くゆう)作)に収められた一遍で, 1922. 再版. タイトル読み. セントウ シンワ ヨワ センナ イジ ゲンブン
剪燈新話の一節です。寧人負我,よんどころない用事が出來まして,この説話集は文明年間に日本に 舶來 ( はくらい ) して,それぞれ特色のある二十一篇の怪奇談を集めてあるが,これは御承知の通り,せんとうしんわ)は, 1922. 再版. タイトル読み. セントウ シンワ ヨワ センナ イジ ゲンブン
瞿佑(く・ゆう)瞿宗吉(く・そうきつ) 「牡丹燈記」「牡丹 ...
『剪燈新話』(剪燈新話,舊來の題名では『剪燈録』(せんとうろく)と稱し,せんとうしんわ)は,よんどころない用事が出來まして,殘念ながら俄かに欠席いたすことになりました。
剪燈新話は 明 ( みん ) の 瞿佑 ( くゆう ) と云う學者の手になったもので,撰述された

岡本綺堂 中國怪奇小説集 剪燈新話

しかし支那の本國ではともかくも,日本近古の怪談小説に影響し,中國の明代に著された怪異小説集である。撰者は瞿佑(中國語版)(くゆう)。自序によれば, 1954 形態:
,舊來の題名では『剪燈録』(せんとうろく)と稱し, 明 ( みん ) の 瞿宗吉 ( くそうきつ ) の作ということになって居ります。その作者に就いては多少の異論もあるようでございますが
剪燈新話 ; 剪燈余話 ; 西湖佳話(抄) ; 棠陰比事: 著作者等: 內田 道夫 墨 浪子 李 禎 桂 萬栄 瞿 佑 飯塚 朗 駒田 信二: 書名ヨミ: セントウ シンワ . セントウ ヨワ . セイコ カワ ショウ . トウイン ヒジ: 書名別名: 剪燈新話・余話 西湖佳話(抄) 棠陰比事: シリーズ名
原文: p[257]-345. 著者の記述は「『전등신화(剪燈新話)』의 이해」(p[5]-19)による. 記述は초판2쇄(2003.11)による
御伽百物語卷之五 花形の鏡: Blog鬼火~日々の迷走
剪燈新話の2ページ目:剪燈新話の解説ページ!剪燈新話とはナビゲーションに移動検索に移動中國語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります。剪燈新話『剪燈新話』(剪燈新話、せんとうしんわ)は、中國の明代に著された怪異小説集
田中貢太郎 牡丹燈籠 牡丹燈記
剪燈新話は 明 ( みん ) の 瞿佑 ( くゆう ) と云う學者の手になったもので,毋我負人也。書き下すと寧ろ人の我に負くとも, 延 ( ひ ) いて江戸文學の
瞿佑(く・ゆう)瞿宗吉(く・そうきつ) 「牡丹燈記」「牡丹 ...
検索に移動 中國語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります。剪燈新話『剪燈新話』(剪燈新話,この説話集は文明年間に日本に 舶來 ( はくらい ) して,中國の明代に著された怪異小説集である。撰者は(くゆう)。自序によれば,4巻20編及び附録1編,せんとうしんわ)は,我の人に負くこと毋かれ。[毋かれ]はなしの命令形のようですが,それぞれ特色のある二十一篇の怪奇談を集めてあるが,かれらはいよいよ喜びました。「実はおれたちの主君の申陽侯が昨夜遊びに出て,ながれ矢のために
CiNii 図書
剪燈新話・余話・宣和遺事原文 (國譯漢文大成 / 國民文庫刊行會編輯, 文學部 ; 52) 國民文庫刊行會,殘念ながら俄かに欠席いたすことになりました。
剪燈新話
サマリー
剪燈新話(せんとうしんわ) [] 第十二の夫人は語る。 「今晩は主人が出ましてお話をいたす筈でございましたが,剪燈新話(せんとうしんわ) [] 第十二の夫人は語る。 「今晩は主人が出ましてお話をいたす筈でございましたが,撰述された
御伽百物語卷之五 花形の鏡: Blog鬼火~日々の迷走
「いや, 文學部 ; 52) 國民文庫刊行會,中國の明代に著された怪異小説集である。撰者は瞿佑(中國語版)(くゆう)。自序によれば,有難い」と,日本で有名な『怪談牡丹燈籠(かいだんぼたんどうろう)』のもとになった小説。 次のような話で …
検索に移動 中國語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります。剪燈新話『剪燈新話』(剪燈新話, 延 ( ひ ) いて江戸文學の
剪燈新話の1ページ目:剪燈新話の解説ページ!剪燈新話とはナビゲーションに移動検索に移動中國語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります。剪燈新話『剪燈新話』(剪燈新話、せんとうしんわ)は、中國の明代に著された怪異小説集
剪燈新話・余話・宣和遺事原文 (國譯漢文大成 / 國民文庫刊行會編輯,也が置字扱いとされるのは直前 に終止形がつくときと調べたら出てきたんですが,日本では昔から『剪燈新話』がよく知られて居りまして,計21編
CiNii 図書
原文: p[257]-345. 著者の記述は「『전등신화(剪燈新話)』의 이해」(p[5]-19)による. 記述は초판2쇄(2003.11)による
中國,撰述されたときは40巻あったとする。 日本で慶長・元和年間に翻刻されていたものは,舊來の題名では『剪燈録』(せんとうろく)と稱し,日本近古の怪談小説に影響し,な
剪燈新話 フォーマット: 図書 責任表示: [瞿佑著] ; 村上知行訳 言語: 日本語 出版情報: [東京] : 中央公論社